プリザーブドフラワーのオートクチュールサロンをしています♪  映画が大好き☆


by aminie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

A Little Princess

e0064631_21283496.jpg誰もが一度は読んだことのある児童文学の定番「小公女」が1995年、ウォルト・ディズニーで映画化されました。

エキゾチックでミステリアスなインドが、寒い寒い冬の朝、セーラとベッキーが屋根裏部屋でゴージャスな朝食を楽しむ様子などが、本を読んだときの感動そのまま、あるいはそれ以上の美しさでよみがえります。

幻想的な映像の秘密は、グリーンを中心とした徹底的な色彩操作。
なんとしてでもプリザーブドフラワーでこの世界を表現してみたい☆★



e0064631_2128587.jpg


それにしても、セーラは本当に素敵な子ですね。映画の中ではミンチン先生と喧嘩するシーンがあります。面と向かって「みすぼらしい」とまで大人に言われても毅然と立ち向かっていく強さ。リーセル・マシューズの演技力も手伝って思わず涙してしまいます。
[PR]
by aminie | 2005-09-27 21:46 | 映画

フランジュール

e0064631_2022247.jpg
皆さんはどんなテイストのインテリアが好きですか?母は、イギリスのタウンハウスみたいに落ち着いた色合いで多少装飾的なものが好きです。お花の先生のおうちはイタリアンモダンにしているそう。都会的ですよね☆★
私は、基本的にはウォルトディズニーの映画(たとえばお洒落キャットやプリティ・プリンセス)に出てくるようなインテリアが好きです。基本的にはアメリカ、イギリス寄りなのが好きですが、「眠れる森の美女」のお城みたいなひんやりした石造りにも惹かれます。これは北イタリア~フランスの様式なんですってね。そのテイストのお店は、元町のフランジュール、芦屋のブラン・ド・ジュリエ


e0064631_20223280.jpg



私がこのお店で特に欲しいと思っているのがコテ・バスティットのクリスタルポプリとジュリエットタオルケット。
[PR]
by aminie | 2005-09-25 08:30 | 神戸
「麗しのサブリナ」でオードリーが来ていたジヴァンシィのドレス、覚えていらっしゃいますか?数あるオードリー作品の中でも私はあのドレスが一番好き。夏物のスカートであんなふうにすその方に黒の模様が入っているものはないかと探していたのですが、昨日、秋物を買いに高架下のtabacに行ったら偶然見つけました。サテンのリボンもインパクトがあってとても可愛いでしょ?ただ、トップスは短め丈でスッキリしたものしか合わせられそうにないですね・・・ちょっと不便。まぁいいや

e0064631_13572473.jpgこれにあわせて、黒の靴も買いました。駅から坂道20分の通勤に耐えられる「しっかりしてて・歩きやすく・見た目はエレガント」なものを・・・高架下のキング靴店で見つけました★しかも・・・3000円も値引きしてくれたのです!値切っていないのに!お礼にこのブログにて宣伝させてもらいます。靴を買うなら高架下、それもお洒落系の店じゃなくっておじいちゃんが経営してそうなお店で!「こっちの靴よりそりゃあ、お嬢ちゃん、これの方がハイカラやわ。」と趣のある言葉使いで、正直なアドバイスもしてくれます。月刊神戸っ子1960年代に掲載されてた「神戸のお嬢さん」にでもなった気分。
[PR]
by aminie | 2005-09-24 14:07 | ファッション
e0064631_13411727.jpg9月も終わり・・・なのにどうしてこんなに暑いのでしょう!バーゲンも2ヶ月前の過去だと言うのに、あまりの暑さに近所のRinkで一着買ってしまいました。サテンの蝶結びのちっさいリボン達で真ん中にハート型の模様が。色違いで生成りにピンクリボン、紺地に白リボン、白地に白リボンがあったけれど、大人っぽく黒にしました。神戸だったら買い物は皆さん三宮か元町だと思いますが、意外と六甲アイランド、可愛いセレクトショップが多いですよ♪

黒のストールを合わせて秋らしさを演出・・・明日の映画に着ていく予定。スカートは三宮降下のtabac、カゴは、クラッシィで見て即取り寄せたフレックスファームのもの。
[PR]
by aminie | 2005-09-24 13:54 | ファッション

北野クラブ

e0064631_10155283.jpg右のイラストは、月刊「神戸っ子」1962年ごろのバックナンバーに載っていたものです。今もまったく同じ外観なのに驚きです。1959年にオープン。60年代までは高級ナイトクラブとして神戸の要人たちの社交の場だったそうです。
私の祖父は根っからの神戸っ子。こちらの経営者でもあったマダム浅木を知っていました。その昔、ダンスホールの人気ダンサーだったとか。だいぶたってからセンター街でばったり出会った時は、台湾人の方と結婚した、と聞いたそうです。あれから何十年も経ち、神戸歴史オタクの孫から、浅木さんについて聞かれるとは(笑)
ところで、卒業論文作成中のころ、私は実際にこのお店を訪ねたことがあります。支配人がいろいろと話を聞かせてくださって面白かったです。今はおとなしげなレストランですが、ナイトクラブとして栄えていた頃は界隈に住むインド人のお金持ちなどもたくさん来ていたそう。窓からは神戸の夜景が一望でき、お店も夜景もきらきらと輝いていたでしょうね。なんとエキゾチックな。これこそコスモポリタン神戸と言われるにふさわしいお店ですね。
ちなみに、内装も地下はウェディング仕様に改装しているけれど、地上階はそのまま。いかにも当時のアッパーミドル階級好みのがっしりとした椅子が並び、大きな電気が取り付けられています。昔のままのデザインなので、電球の取替えも大変だそう。時代の変化に臨機応変に、いつまでも繁盛してほしいお店ですが、同時に、古きよき神戸の面影を今に伝えるハイカラ神戸のシンボルであってほしいものです。
[PR]
by aminie | 2005-09-24 10:38 | 神戸

ファニー・フェイス

e0064631_1913290.jpg私のブログのタイトルは、1956年に公開されたオードリー主演の「ファニー・フェイス(邦題:パリの恋人)」からとっています。なぜこの映画から??というと、私の大好きな雑誌「ハーパス・バザー」の編集室をモデルにしていること、それからオードリーとプライベートでも仲が良かった写真家、リチャード・アベドンをモデルにしている作品だからなのです。

彼の作品や訴えようとしていることは私にはあまりわからないけれど、女優と写真家の友情そのものに憧れてしまうし、ハーパスバザー誌の当時の雰囲気(私にとってはオレッグカッシーニのドレス同様、エレガンスの頂点だと思える存在!)が映画いっぱいにあふれているのが大変魅力的です。それらを言葉で説明するのは無粋だし、ものすごく理屈っぽくなって結局は言いたいことからかけ離れてしまう気がします。どうって事のないストーリーだからこそ表現できる粋の世界、素敵です。BGMのように流したい映画。
[PR]
by aminie | 2005-09-20 19:23 | 映画

Autumn in KOBE

e0064631_16252142.jpg

神戸の秋はとても素敵です。居留地のお洒落なブティックが並ぶ通りは黄色やオレンジ、茶色のケヤキの葉っぱで埋め尽くされます。イスズベーカリーからはふんわり美味しそうなパンの匂い、生田ロードのア・ラ・カンパーニュには宝石のようなベリータルトが並びます。六甲へのハイキングコースでは、きつねやたぬきに遭遇したり・・・★洗練されているけれど、素朴で暖かい雰囲気も持ち合わせている、そんな街の雰囲気を、キャンドルアレンジにして表現しました。

材料
フロールエバー(S へーゼルナッツ×3、ライトカフェ×4)
大地農園(スプレーローズ ルージュピンク×3)
アジサイ(クリームボルドー)、ぶどう、アイビー、アイビーの実、ラズベリー
シルバーブルニア、モス(グリーン)

e0064631_16271090.jpg作り方のポイント
★様々な種類の実を使うと自然な雰囲気を表現できる。
★オアシスは、石鹸(一般的な家庭用)位の大きさにカット。切り口の方を底にしてボンドを多めに付けて固定する。面取りをするのも忘れずに。
★キャンドルはオアシスの上にボンドで固定する。
★花びらをリペアしない場合、ヴェルモント社の花を用いると良いかと思う。
[PR]
by aminie | 2005-09-11 16:55 | プリザーブドフラワー

映画「ルパン」

e0064631_736218.jpgフランスの歴史ミステリーロマンって大好きで、映画で公開される度に観にいきます。三銃士、仮面の男、マリーアントワネットの首飾り、そしてオペラ座の怪人・・・で、もうすぐ公開される「ルパン」にもカリオストロ伯爵夫人と首飾りが絡んでて相当ゴージャスな予感・・・☆楽しみです。
HPでチェックしてみたら、ルパンにはクラリス(エヴァ・グリーン)がいるのに、妖艶な伯爵夫人と浮気するらしい!エヴァ・グリーン贔屓の私はクラリスの健闘を祈ります。

神戸ではシネリーブルで上映予定です。



e0064631_9571662.jpg
エヴァ・グリーンを好きになったのは、たまたまCSN1で、インタビュー特集を見たのがきっかけです。モデルの倉本康子にエルサレムがらみの話題で、「109って日本では女の子の聖地なんだよ」って言われて、そのミーハーさに露骨に引いてて、彼女自身は真剣に「聖地」や演技、映画について語ってました。
私もミーハー根性も、年齢より若く見せようとか可愛く見せようとする発言も大嫌い。同年代の彼女の真面目さに共感しました。
[PR]
by aminie | 2005-09-09 19:49 | 映画

竹中郁の詩

竹中郁をご存知ですか?神戸を代表する詩人です。昭和時代、神戸で「詩人さん」といえば彼でした。お金持ちの家の生まれで、幼いころから洋風文化に親しんだ彼が書く詩は、衝撃的にお洒落でした☆お気に入りをいくつか紹介します。

 氷菓(アイスクリーム)
こんな冷たい接吻(べセ)があるものか
それにうつかりしてゐると
対手(あひて)は夢のやうにとけてしまふ
はかない恋の一時(ひととき)だ!

 街角
電車の曲折(カーブ)する音が
店の飾窓(ショウウィンドウ)にびりりとひびく
映ってゐる日傘(パラソル)の女が
身体中(からだぢゅう)でしばらく笑つた

 写真
美味しくないお煎餅だこと

 
小さな秘密を蔵つておかう
彼女(あのこ)の黒子(ほくろ)


色鉛筆の見本帖
[PR]
by aminie | 2005-09-06 19:42 | 神戸

内面を表現すること

3月から始めたプリザーブドフラワー。レッスンとは別に、たまに自分の好きなデザインで作らせてもらっています。
この作品、スカーレットのドレスに似ているでしょ??それから、神戸の異人館の色合いに似てる!と思いました。ハリウッド映画・ファッション・神戸の歴史・・・自分の中でどう関連付けて良いかわからず、ばらばらに存在していた「好きなものや好きなこと」がひとつにまとまっていく過程がとても楽しい。

材料
フロールエバー(S・ミストグリーン)
大地農園スプレーローズ(アンテイィックホワイト)
サテンのリボン(ブラウン)
アジアンタム、アイビー、ライスフラワー
シルバーワイヤー(24) グリーンワイヤー(26)  フローラルテープ 
オアシス モス 花器(キッチン・キッチン岡本店)

作り方のポイント
★底が平らではなく内側に向かって盛り上がっているので、オアシスも形に合わせて削り、ボンドで固定。
★オアシスは器より一回り小さくカットしたものを使用。(隙間にモスを詰めるため)
★Sサイズのローズをそのまま使うのではなく、花びらを一度はずして「咲いている風」にグルーで貼り直す。その一手間が、アレンジを、よりナチュラルに表情豊かにする。
★もう少し大きな器を使う場合は、アジサイ(グリーン)で量を調節すると良い
e0064631_2030469.jpge0064631_2031636.jpg        
[PR]
by aminie | 2005-09-03 20:41 | プリザーブドフラワー